合宿免許で大学生が分割ローン申し込みできて審査が甘いのはどこ?!

大学生で合宿免許を取る人は多いですが、代金の支払い方法で悩まれる方も少なくないですよね。

合宿免許の料金はプランなどによって差はあるものの、だいたい20万円前後の大金です。

学生さんでこの金額を現金一括で払える人の方が少ないのではないでしょうか。

アルバイトで貯めた貯金があるとか、親から借りられるという人もいるかもしれませんが、それはごく一部の人です。

学生だけど分割払いできるのかな?とか、大学生で免許ローンを利用できるのかな?など、ここでは合宿免許で大学生のローン申し込みに関する情報を説明してききます。

スポンサーリンク

合宿免許の分割ローンって大学生でも申し込めるの?

そもそも大学生が合宿免許ローンを組めるのか…
働いているわけでもないのに、学生が分割ローンを申し込めるのか、気になりますよね。

結論をいうと、

大学生も合宿免許ローン申し込みできます。

ほとんどの合宿免許申し込みサイトが、専門学生や高校生の免許クレジットも受け付けしています。

クレジットカード不要の分割払い、あるいはリボ払い、スキップ払いの利用ができるということですね。

合宿免許の申し込みサイトはいくつもありますが、どのサイトで申し込みをするにしても支払い方法は現金一括払いか運転免許ローンのどちらかから選ぶのが一般的。

一部の申し込みサイトでは、合宿免許のクレジットカード分割払いも取り扱いしています。

大学生 本人名義で申し込み?

免許ローンの申し込み条件は信販会社により決まっていますが、

運転免許ローン(分割払い)は大学生の本人名義で申し込みできるところがほとんどです。

ただし、もちろん無条件ではありません。

保証人が必要なの?

未成年は保証人が必要なところもありますが、大学生の場合は保証人不要で親権者や保護者、世帯主の方の同意が必要というのが一般的のようです。

ですので、大学生の方で実際に合宿免許の費用を分割ローンを検討されている場合は、先に親や保護者に相談をしておくと手続きもスムーズに進められますね。

18歳未満は親権者が申し込みをする必要があることもあります。

ローンは頭金が必要なの?

これも、実際に利用する信販会社によります。

運転免許ローンは基本的に頭金なしで全額ローンの申し込みができます。

中には先に頭金を払い、残金をローン返済ということもできるところもあります。

少しでも先に払えるようでしたら、確かにこの方法も堅実かもしれませんね。

ただし、先に無理をして後々に返済が滞ることになってしまっては意味がありませんので、お財布とよく相談して決められるといいでしょう。

金利や手数料は?

現金一括払いとは違い、分割で払う場合には当然ながら金利手数料が必要になります。

合宿免許の受け付けサイトが提携しているクレジット会社によるので個別の金利をここに記載はしませんが、さまざまな合宿免許予約サイトを見てみますと、オリコ(オリエントこーぽれーsyん)、ジャックス(Jaccs)、アプラス(Aplus)、セディナ、エポスなどが提携されています。

運転免許の取得費用に加えて、クレジットの金利・利息が加算されるので最終的に支払う金額の合計は一括払いよりも多くなることは承知しておきましょう。

スポンサーリンク

学生にはローン審査が甘い?

社会人には通常の審査で、学生だから審査が甘いということも、またそのような基準で受付をしているクレジット会社もありません。

申し込み者のローンやカード利用状況(支払い残高など)やキャッシングなど借り入れの有無、支払いの延滞や実績など、信販会社の審査基準により行われます。

そして、与信審査の結果によってはローンが下りないことももちろんあります。

連帯保証人付きなどの条件が加わることもあるかもしれません。

大学生の合宿免許ローン申し込み方法

合宿免許ローンはパソコンやスマホから簡単に申し込みができます。

合宿免許の申し込みサイトはいくつもありますが、どのサイトを利用する場合でも、まずはどのプランに申し込みするかを決めましょう。

行く日にち、どのエリアのどのドライビングスクールに行きたいのか、宿泊プランはどれにするのか(シングルやツイン、相部屋などなど)、ということですね。

この場所に免許を取りに行きたい!というのが決まったら、その画面から予約へとすすみます。

このときに名前や住所などの基本情報を入力し、支払方法はローンを選択します。

申し込みフォームの入力画面に沿って必要事項を入れていくだけですね。

入校する自動車学校名前や場所、金額などを最終的に確認して、申込が完了できます。

この後、クレジット信販会社の審査が行われ、電話やメールなどで連絡があります。

ローン契約の書類の提出なども必要になってきますので、流れに従い対応をしていきましょう。

そして、晴れてローンの審査が通れば、合宿免許の申し込みは完了です。

入校に関する案内資料などが送付されてくるでしょう。

まとめ 大学生も合宿免許ローン利用できる

車校ローンは大学生でも利用できるということが分かりましたね。

大学生のうちに、サクッと合宿で車の普通免許を取っておこう、という方は多いものです。

とはいえ学生の身で、まとまったお金を持っている人はそうはいません。

たとえば、ローンの場合は申し込みの翌月から支払いを始めるのが基本ですが、今はお金がないという場合は、分割払いのスタートを遅らせるスキップローンなども選択できます。

先に免許を取って、支払いスタートは後からという合宿免許 料金 後払いもあります。

自動車免許は社会人になってから取るよりも、学生のうちに取る方が断然ラクです。

会社に勤め始めると合宿に参加をするのは間違いなく無理。

かといって、疲れた仕事の帰りに自動車学校に通い続けるのも、現実はかなりハードですからね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする