合宿免許をクレジットカードの分割払いできるところ教えます

合宿免許の料金を自分が持っているクレジットカードで分割払いしたいという人もいますよね。

ところが合宿免許の料金をクレジットカード分割払いできるところって、調べてみたところ意外と少ないのです。

というか、ほとんどの申し込みサイトが「現金一括振り込み」か「免許ローンの申し込み」の2択ですね。

とはいえ、合宿免許クレジットカード分割払いができるところが全くないわけではありません。

ただ、どこの合宿免許申し込みサイトがカード分割払いできるのかを手あたり次第に探すというのは面倒ですよね。

そこで参考情報としてこちらで紹介しておきますのでので興味ある方はご覧下さいね。

スポンサーリンク

合宿免許の費用をクレジットカード分割払いできるところ

合宿免許の代金をクレジットカード分割支払いで申し込めるのは下記の表のとおりです。

  クレジットカード分割 現金一括払い 運転免許ローン
合宿免許ライブ VISA・MASTER

三井住友銀行/ゆうちょ

オリコ・アプラス・セディナ
合宿免許プラス VISA・MASTER 三井住友銀行/ゆうちょ オリコ・アプラス・セディナ
ユーアイ免許 取扱いなし 三菱UFJ銀行 ニコス・オリコ
合宿免許受付センター 取扱いなし 三菱UFJ銀行 ジャックス・オリコ

免許の匠

取扱いなし 三菱UFJ銀行 ジャックス・アプラス・オリコ

合宿免許ドリーム

取扱いなし 三菱UFJ銀行 オリコ・セディナ

*オリコ=株式会社オリエントコーポレーション、ジャックス=株式会社ジャックス、ニコス=三菱UFJニコス。

ご覧のとおりカード決済を受け付けしているのは合宿免許プラスと合宿免許ライブの2件です。

そのほかの申し込みサイトはカードでの分割には対応してないですが、運転免許ローンは用意されていますね。

ちなみに、

インターネット上にある合宿免許受付サイトすべてを調べることはあまりに効率が悪いので、ランキングなどで名を連ねる人気サイトや有名どころを対象に調べました。

もしもクレジットカードの分割払いができるところがあったとしても、あまり知られていところや実績がないようでは、不安で申し込めないですよね。

その点、利用者が多くて人気があるところなら合宿プランも充実していますし、申し込みするうえでも安心です。

それでは、次は具体的に使えるカード会社を見てみましょう。

利用できるクレジットカードのブランド

さきほど運転免許の代金を分割払いできるクレジットカードはVISA(ビザ)かMASTERカード(マスター)です、ということを表で説明しましたね。

VISAかmasterなら対象ということなのですが

クレジットカードの種類とブランドを勘違いされている方は

「楽天カードなら持ってるけど、これじゃダメ?」

「イオンカードを持ってるけどこれもダメってこと?」

と疑問に思われるのではないでしょうか。

要はカードの種類が楽天カードであれ、イオンカードであれ、そこにVISAかMASTERが付いていればOKという意味です。

VISAやマスターというのはクレジットの国際ブランドのことですね。

国際ブランドはほかにもAmerican Express(アメリカンエキスプレス)、JCB(ジェーシービー)Diners Club(ダイナースクラブ)が有名です。

日本で使われているクレジットカードには、これらの国際ブランドのいずれかが付帯していることがほとんどです。

なので、もしもあなたがこれから合宿免許をクレジットカードを使って分割払いしたいとお考えでしたら、まずはお手元のカードをブランドを確認してみましょう。

このマークのどちらか、ついてますでしょうか?

スポンサーリンク

カード払いは何回まで分割できる?

合宿免許の代金をクレジットカードで払いたい場合、ビザかマスターなら分割払いもできますよ、と説明してきました。

次に気になるのが支払回数です。

何回払いまで分割できるのかは、クレジットカードの分割払いに対応している「合宿免許プラス」と「合宿免許ライブ」で確認をします。

すると、このように記載がありました。

VISA

・1回払い

・分割払い 3回 5回 6回 10回 12回 15回 18回 20回 24回

・リボ払い

MASTER

※(1回あたりのお支払い金額3,000円以上)

※カードによってご希望のお支払回数で処理できない場合がありますのでご注意ください。

最長で24回まで選べるようですが、注意書きとして1カ月の支払額が最低でも3,000円以上になる必要があると書いてありますね。

注意!カードの分割払いができないことも?

ここまでは、合宿免許の料金をクレジットカードの分割払いに対応しているサイトと対象のカードブランドについて書いてきました。

宿泊したい施設やホテル、合宿プランなどが決まったら、

次はいよいよ合宿免許申し込みサイトで申し込みを・・・

というところなのですが

クレジットカードの分割払いで申し込みをする際には気を付けなければならない点もあります。

クレジットカードの利用限度額はだいじょうぶ?

カードにはその人の利用限度額というものが決められていますよね。

いくらでも使っていいというわけではありません。

ふだんからお買い物などでカードを使われることが多い方でしたら、特に今現在の利用可能残高がいくらなのか確認する必要があります。

たとえば、利用可能枠が30万円のカードをもっていたとします。

そしてショッピングですでに5万円を利用しているとして、

今現在、このカードの利用可能額は25万円という状態としましょう。

ここで、合宿免許の料金をこのクレジットカードで分割払いしたいという場合、当然ながら分割手数料も加わることになります。

ということは、

仮に合宿免許の教習料金が25万円としたら、分割手数料を加えると明らかに限度額を超えてしまうということですね。

このへんはお手持ちのカード会社に問い合わせをするか、ネット上のページでも把握ができますので、実際に申し込みをする前に事前確認をしておくことをおすすめします。

新たにクレジットカードを作ればいい?

今持っているカードでは利用可能残高が少ないから、新たに別のカードを作ろう。

とか、

クレジットカードは1枚も持っていないから、この機会に作っておこう。

と思われた方もいるでしょうか。

カードの利用可能額はその人の信用力により変わってきます。

利用状況やいままでの支払い実績などにもよりますよね。

必ずしも20万円、30万円のカードを作れるとは限らないということを心得ておきましょう。

特に初めてクレジットカードを作る人は尚のこと、初期設定は上限が5万円程度ということは普通のことです。

じゃあ合宿免許は諦めなければならないの?

というと、そんなことはないのです。

車の免許を取る場合、一般的には自動車学校に通いで取るか合宿教習所で取得するかですが、どちらにしても運転免許ローンが用意されているものです。

分割払いが希望であれば、合宿免許ローンの利用も検討されてはいかがでしょうか。

合宿免許の料金を後払いで申し込む

スポンサーリンク